2016年04月28日

勝手に自分名義で借金をされた場合、返済しなければならないのか?

1 他人が借りた借金について返済する義務はない

自分で借金をした覚えがないにもかかわらず、ある日突然、債権者から連絡があり、あなたの名義で借り入れがあるので支払ってほしいと請求された場合、どうすべきでしょうか。

まず、大前提ですが、他人に名義を勝手に使われたとしても、自分が借金したわけではありませんので、法律上返済する義務はありません。

しつこく請求されたり、支払わなければ訴訟提起すると言われたりして、不安になり支払ってしまうことの無いよう注意すべきです。

また、聞いたことのない会社から請求された場合には、詐欺の可能性も否定は出来ませんので、その点も要注意です。



2 他人の名義を使って借金されてしまうリスク

ところで、そもそも、他人の名義を使って借金することが可能なのでしょうか。
実は、結論から言えば、可能です。

最近は、消費者金融のみならず、銀行のカードローンでも、ウェブ上で必要事項を入力させ、店舗では、保険証など顔写真なしの書類の提示で本人確認を済ませてしまうことがあります。

そのため、運転免許証のみならず(むしろ運転免許証では、本人確認の際に見破られる可能性が高いです)、保険証や光熱費の納入通知書(保険証と一緒に本人確認に使用されることもあるため)など悪用される可能性のある書類は、他人に使われないように管理することが大切です。



3 対処法

身に覚えがない借金を請求された場合は、放置せずに、まずは、自分は借りていないことを丁寧に説明し、請求者側で調査検討してもらうように促すべきです。

銀行や大手消費者金融が相手方の場合、きちんと対応してくれますし、基本的にはそれ以降請求してくることもなくなります。

私が担当した案件では、監視カメラで撮影された画像と名義人の運転免許証の写真とを比較して、名義人以外の者が借りたということを認めてくれたケースもありました。

それでもしつこく請求してくる債権者の場合は、弁護士に相談して、債務不存在確認訴訟を提起することも可能です。

くれぐれも、借りていない借金を返すことの無いように注意して欲しいと思います。




白土文也法律事務所は、遺言・相続などの個人の法律問題、中小企業・ベンチャー企業の法律問題を中心に取り扱っております。
調布市・稲城市・多摩市・府中市・狛江市・三鷹市など多摩地域・京王線京王相模原線沿線、世田谷区・杉並区その他の東京23区、川崎市その他の神奈川、埼玉、千葉、茨城県、栃木県、群馬県などからの法律相談を受け付けております。
※特に、出身地の水戸・ひたちなか市周辺へは出張相談も積極的に行ないます。
詳しくはこちらまで
http://www.shirato-law.com/
posted by bunya-shirato at 16:12| 借金