2015年10月04日

法律相談だけでなく相談の予約もお早めに

先日、営業時間が終わる直前に法律相談の電話がかかってきましたが、その日のうちに解決してほしいという内容でした。しかし、私のスケジュールの問題もありましたし、どう考えても即日対応することが出来ず、お断りせざるを得ませんでした。

今日は、法律相談を早めにすべき理由と、相談の予約を早めにすべき理由についてお話ししておきたいと思います。

第1 法律相談を早めにすべき理由
1 時間的に手遅れになる

自分でギリギリまで頑張ってみたが、どうにも解決できないということで弁護士に相談した時点では、手遅れということも少なくありません。

相談した時点では、時効により権利が消滅していた、債務者の財産が散逸してしまい回収できる可能性がなくなってしまった等々あります。


2 素人判断が不利な結果に

ネットで検索すれば法律情報は溢れていますし、法律をかじったことがある友人知人がアドバイスしてくれることもあります。そもそも、病気の治療と異なり、自分で対処出来そうです。

しかし、ネットや友人知人の情報が間違っている可能性は十分あります。

相談に来られた方が、「法律に詳しい知人から〜〜と教えてもらった」とお話をされることはよくありますが、私の経験上ではほとんど間違っています。

間違った法律知識を元にして自分で交渉などした場合、事態を悪化させてしまいかねません。

また、正しい法律知識を持っているだけで、うまく解決できるわけではありません。もし法律知識がありさえすれば紛争解決が出来るなら、司法試験に合格したばかりの司法修習生や学生でも、簡単な案件であれば解決できるはずですが、そんなことはまずありません。

紛争解決には、法律知識だけでなく、条文や判例には書いていない実務上の知識や経験が必要です。
(本当は、法律知識に限っても、一つの案件には、様々な法律が関係していますので、断片的な法律知識を知るだけでは、中途半端で、却って危険です)

自分で解決しようとする前に早めに弁護士に相談すべきです。


第2 法律相談予約を早めにすべき理由 
1 即日相談できるとは限らない

当然ですが、弁護士が常に事務所にいるわけではありません。

毎日のように裁判所に行っている弁護士もいますし、出張していることもあります。
また、弁護士の体は一つですから、事務所にいたとしても、他の案件で忙しければ対応は出来ません。案件の重要な場面では、丸一日それに取り掛かっていて手を離せないことも稀ではないのです。

この点、街のお医者さんとは異なりますので要注意です。
高熱が出て近くの病院・医院へ行ったときに、不在で対応してくれないとか、忙しくて対応してくれない(患者さんが多ければ待つ必要はありますが)ということはほぼないと思います。

しかし、弁護士の仕事の仕方は、かかりつけの医者とは異なるのです。
※顧問契約するメリットの一つはここにあります。相談があれば、メールや弁護士への直通電話ですぐにコンタクトが取れます。すぐに対応出来なくても、相談事を伝えておくことが可能になります。


2 即日解決できるわけではない

それでは、即日相談出来たとしましょう。

それでも、通常、相談を受けて即日解決できるわけではありません。

難しい案件であれば、法律や判例調査の時間を確保しなければなりませんし、相手方に関する情報収集や、それらの情報に基づいて戦略もねらなければなりません。
着手する前にもすべきことはたくさんあるのです。
  

以上の通り、相談は早めにして頂きたいですし、相談の予約も早めにして頂ければと思います。



白土文也法律事務所は、遺言・相続などの個人の法律問題、中小企業・ベンチャー企業の法律問題を中心に取り扱っております。
調布・稲城・多摩・府中・狛江・三鷹など多摩地域・京王線京王相模原線沿線、世田谷区・杉並区その他の東京23区、川崎市その他の神奈川、埼玉、千葉、茨城県その他の関東各地からの法律相談を受け付けております。
※特に、出身地の水戸・ひたちなか市周辺へは出張相談も積極的に行ないます。
詳しくはこちらまで
http://www.shirato-law.com/



posted by bunya-shirato at 09:29| 弁護士の仕事