2016年03月27日

預金の遺産分割

最近(平成28年3月23日)、預金が遺産分割の対象か否か争われていた事件の審理が、最高裁の大法廷へ回付されたというニュースがありました。

現在、預金は遺産分割の対象外ですが、預金も遺産分割の対象とする旨の判例変更が行われる可能性が出てきたことになります。


ところで、預金が遺産分割の対象外ということを知って驚かれる方も多いのではないでしょうか。


実は、現在の最高裁判例によれば、預金は、被相続人が亡くなり、相続が開始した時点で、法定相続分に従って当然に分割されるものと解釈されており、原則として、遺産分割の対象とはなりません。

実際の遺産分割協議や遺産分割調停において、預金も含めて遺産分割がされることが多いと思いますが、それは、当事者が、(意識しているか否かは別として)預金を遺産分割の対象とすることに合意しているためです。

東京家裁の遺産分割調停の待合室では、ビデオを流して、遺産分割調停の流れについて解説していますが、そのビデオでも、預金は原則として遺産分割の対象にはならず、当事者が対象とすることに合意をした場合に、遺産分割の対象とすることが出来るという解説をしています。


また、本来、現在の最高裁判例に従えば、預金は当然に分割されているため、各相続人が個別に預金の引き出しが可能です。

もっとも、金融機関によって対応は異なるものの、預金の相続手続きをする際、金融機関から遺産分割協議書等の書類の提出を求められることがほとんどだと思われます。
金融機関が相続争いに巻き込まれるのを回避するためにこのような取り扱いになっているのです。

このような扱いを当然だと思われている方が多いと思いますが、本当は、最高裁の判例とは異なる扱いが、各金融機関によって行われているのです。



以上のとおり、現状は、最高裁判例と実務の取扱にずれがある状況です。



最高裁がどのような結論を出すのか注目していきたいと思います。




白土文也法律事務所は、遺言・相続などの個人の法律問題、中小企業・ベンチャー企業の法律問題を中心に取り扱っております。
調布・稲城・多摩・府中・狛江・三鷹など多摩地域・京王線京王相模原線沿線、世田谷区・杉並区その他の東京23区、川崎市その他の神奈川、埼玉、千葉、茨城県、栃木県、群馬県など関東各地からの法律相談を受け付けております。
※特に、出身地の水戸・ひたちなか市周辺へは出張相談も積極的に行ないます。
詳しくはこちらまで
http://www.shirato-law.com/



posted by bunya-shirato at 16:20| 相続